仮想通貨にかかる税金

『100万円で購入した仮想通貨を1億100万円で売った場合にかかる税金は?』

現在何かと話題のビットコインなどの仮想通貨ですが、それに関する税制については恐ろしいほど知られておらず、不明確な点も多くありました。12月1日、その仮想通貨についての重要な通達が国税庁から発表されました。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

かなり重要な事が多く記載されていますが、本日は3つにポイントに絞って簡単に解説してみます。

【1】仮想通貨の最高税率は55%
株式などの売却益が譲渡所得に区分されるのに対し、仮想通貨の売却益は雑所得に区分されます。

どういう事かと言いますと、株式などの売却益に関する税率は 20%(所得税15%+住民税5%、復興特別所得税は簡略化のため割愛)ですので、上記の例を株式で言いかえると
(10,100万円-100万円)×0.20=2,000万円
が、支払う税金になります。

これが雑所得になると、上記の例の場合、所得税の最高税率45%+住民税10%が適用され、税率は55%になってしまいます。株式などの売却益と異なり、雑所得は総合課税になりますので、一概に税金がいくらとパッとは計算できませんが、概ね儲けの1億円の半分以上を税金で持っていかれてしまいます。

【2】 総合課税される→要確定申告+所得税も住民税も上がる
そして、株式などの売却益が申告”分離”課税なのに対し、雑所得は”総合”課税になるので、一般のサラリーマンの方でも仮想通貨で売却益が出れば確定申告をしなければいけなくなり、給料に対する所得税も、翌年の住民税も上がってしまいます。

【3】 雑所得→損益通算できない
そして雑所得の恐ろしい点として、株式などの譲渡所得と異なり、損益通算できない点があります。

例えば、株式の売却益の場合、年間通してA社の株では1,100万円儲けて、B社の株で1,000万円損したとします。この場合だと年間プラスマイナス100万円の売却益が出たと勘定され、100万円に対して税金がかかります。

しかし、仮想通貨の場合は、ビットコインで1,100万円儲けて、C社の株で1,000万円損した場合、株で損した分をマイナスできず、1,100万円に対して丸々税金がかかります。

 

これらの事を知らずに放置しておくと、「やった!ビットコインで何百万円も儲かった!」と喜んでいても、後から恐ろしい額の追徴課税を請求される恐れがあります。

今回は簡単に3つのポイントだけに絞ってお話しましたが、他にも恐ろしいことが色々と記載してあります。これから仮想通貨を始めてみようと思っている方は、是非とも上記通達を熟読して理解した上で始めましょう。

ドラレコ販売急増?

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22874580Q7A031C1CC0000/

あおり運転により、ドラレコの販売が急増しているという記事です。

先日の投稿でも書きましたが、万一の事故の際、証拠がないと、実際ご自身に過失がなくてもどうにもならないケースは少なくありません。まだドラレコを付けていらっしゃらない方は、ご自身と大切な家族を守るために是非とも付けましょう!

交通事故でケガをしてしまったら


本日は、損害保険代理業協会の勉強会でした。弁護士の小黒先生をお招きし、交通事故における後遺障害について勉強しました。

今回の勉強会で学んだことは、万一ご自身や大切なご家族が交通事故でケガをしてしまい、しかもその治療が長引いてしまいそうな時は、なるべく早い段階で弁護士先生に相談するのがベスト!ということです。

事故から半年以上経ち、相手保険会社と治療費や慰謝料、後遺障害の認定で揉めた後で弁護士先生に相談するより、もっと早い段階で一度相談しておいた方が、相手と有利に交渉する上での選択肢は圧倒的に広がります。

万一ご自身やご家族が交通事故でケガをしてしまった場合は、弊社までお気軽にご相談下さい。必要に応じて、信頼できる弁護士先生をご紹介いたします!

やっぱり必要!ドライブレコーダー

先日、弊社のお客さまで実際にあった事故の話です。そのお客さまは信号のある交差点に青信号で侵入した際、信号無視で交差点に侵入してきた相手車に接触する事故に遭ってしまいました。

相手はちゃんと任意保険に加入していたため、普通なら0:100で相手が100%悪い事故となるところですが、相手も「こちらが青信号だった」と主張してきました。

こちらにも相手にもドライブレコーダー(以下ドラレコ)はなく、目撃者もいません。要は何の証拠もない状況です。

「そうは言っても本当にこちらが青信号だったのなら何とかなるだろう」と思う方もいるかもしれませんが、今回のように何の証拠もない状況で双方の言い分が違うと、残念ながらなんとなりません。最悪の場合、50:50で示談したり、自損自弁(お互いに自分の損害を自分で負担する)になることもあります。

「こちらは本当に何も悪くないのに、どうして自腹切ったり自分の保険使わなきゃいけなんいだ!?」と思う方もいるかと思いますが、本当に残念ながら本当になんともならないのが実情です。それこそ弁護士さんに依頼したところで、良い結果を望むことは難しいです。

このような事態にならないために、是非ともドラレコをつけましょう。最近は価格も下がって、国産の大手メーカー品でも1万円前後で購入可能です。ドラレコさえあれば決定的な証拠になりますので、今回のような事故でトラブルになる確率も激減します。まだドラレコを設置していない方は、これを機に是非とも設置しましょう!

年末調整の記入お手伝いいたします!


今年も年末調整の時期になってきましたが、「年末調整の書類の記入が面倒だ」と感じたことはございませんでしょうか?弊社では、そのようなお客様の声にお応えし、年末調整の書類(給与所得者の保険料控除申告書)の保険料控除申告書欄の記入を無料でお手伝いいたします!

お勤め先から渡された「給与所得者の保険料控除申告書」と、各保険会社から郵送された「保険料控除証明書のハガキ」をご用意いただければ、お客様のお宅までお手伝いにうかがいます。ご興味のある方は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

台風21号


皆様、台風の被害は大丈夫でしたでしょうか?今回の台風では、久しぶりに各地で大きな水災が発生しております。伊勢市でも宇治山田駅が浸水。他にも、八間道路、二見街道周辺などで水災が多発したようです。< 画像掲載元 https://twitter.com/asobodesign 様>

このような水災に備えるには、水災を補償する建物、家財などの火災保険に加入する必要があります。ここで気をつけていただきたいのが、近年の多様化した火災保険の中には、保険料を安くするために”水災不担保”となっている(水災による損害は保険金が支払われない)保険もあるということです。

弊社のお客様でも、火災保険更改の際に「このへんは台風来ても水浸かることないで、水災はなしでええわ」と言われ水災不担保としましたが、今回の台風で床上浸水の被害に遭ってしまった方が実際にいらっしゃいました。

また、台風などで浸水の可能性のない高台や山間部の方でも、土砂崩れによる損害は水災を担保する火災保険でないと補償されないため、「うちは台風で水浸かることは絶対にないから水災はいらない」とは言い切れません。

近年の温暖化による異常気象で、過去数十年の経験はあまりあてにならない状況になってしまっています。水災による損害は、一度発生してしまうと大きな損害となってしまう確率が高いです。決して「うちは大丈夫」と思い込まず、改めてご自身の加入している火災保険の内容を見直してみましょう。

年末調整にむけて


早いもので、今年も残り2ヶ月半を切りました。この時期になると、各保険会社から”保険料控除証明書(年末調整で必要になる書類)”が送付されます。弊社にも先日、個人で契約している生命保険と地震保険の控除証明書が届きました。

毎年何件か、お客さまから「保険料控除証明書がまだ届いていない」というお問い合わせをいただきます。各保険会社とも、概ね今頃から遅くとも今月末にかけて郵送されます。

不要な郵便物と一緒に破棄してしまわないよう、気を付けて確認しましょう。もし今月中に届かないようであれば、郵便局か保険会社の手違いで届いていない可能性もありますので、担当代理店に確認してみましょう。

意外なところに賠償リスク


昨日は3ヶ月ぶりのライブでした。で、ライブが終わって片付けをしている際にちょっとしたアクシデントが。

私が自分のギターを片付けて運んでいる際に、誤ってギターをベース(チェロよりも一つ大きい楽器)にぶつけてしまいました。そのベースは結構な高級車が買えるくらいの高級品だったので、ぶつけた瞬間かなり焦りましたが、幸い傷もなく無事でした。

結果無事だったので良かったですが、もし割ってしまったりしていたら洒落にならんなとゾッとしましたが、「そーいえば最悪弁償沙汰になっても、個人賠償責任保険に入っているから大丈夫やな」と気付いたのでした。

個人賠償責任保険は、日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合の賠償リスクを補償する保険です(※詳しくは各保険会社の約款参照)

私のように趣味で音楽をやっている場合、楽器によってはアマチュアでも結構高額な楽器を持っている方も珍しくありません。私の場合、個人賠償責任保険は主に、小さなお子様のいる家庭、ご家族に自転車に乗られる方がいる家庭などに勧めますが、これからは趣味で音楽を演奏する方もお勧めします。この保険に入っておけば、万一の際大切な音楽仲間に迷惑かけずに済みます。