口座凍結に関する勘違い

blog

本日は、多くの人が勘違いしているかもしれない口座凍結についてお話します。

まず、口座凍結とは何かを簡単にお話します。口座凍結とは、ある銀行に口座を持っている方が亡くなった場合、銀行がその方の口座からの入出金をできなくすることです。そのため、ご家族が亡くなり、葬儀費や医療費などの当座の支払いのためのお金を引き出そうと遺族の方が銀行へ行くと、口座が凍結されたために出金できずに困って大変という話をよく聞く訳です。

ここでよく聞く勘違いが、「誰かが亡くなると役場等から銀行へ自動で通知が行って、自動的に口座凍結される」という話です。これは誤りで、銀行が行う口座凍結は飽くまで手動で、自動ではありません。近所の方から聞いた話や、新聞の訃報などで亡くなったことを知った銀行の職員が、手動で口座を凍結するのです。

よって、ご家族が亡くなっても、銀行職員に知られる前ならATMなどで亡くなった方の口座から出金することは可能です。

しかし、ここで言いたいのは「早めに手続きすれば口座凍結前に出金できるから、バレる前にこっそり出金しよう!」ということではありません。

そもそも何故銀行が亡くなった方の口座を凍結するかというと、亡くなった方の口座は相続人(亡くなった方の配偶者や子どもなどの家族)みんなの共有財産となり、相続人全員の同意なしに勝手に出金すると後々相続トラブルになりかねないためです。

よって、ご家族が亡くなった際に、銀行にバレる前にこっそり出金するという行為は、後々の相続トラブルの元となりかねませんので、あまりお勧めはできません。それより大切なのは、ご家族が亡くなった際に慌てなくて済むための事前準備です。

よくあるケースとしては、旦那さんの口座に夫婦の預金が集中し、奥さんの口座に預金が少なかったために、旦那さんが亡くなった際に旦那さんの口座が凍結され、奥さんの預金で葬儀費などにすぐに対応できずに困ってしまうケースです。人がいつ亡くなるかは誰にもわからないので、家族間である程度預金を分散させておくことも大切です。

他には、子供も配偶者も居ない方が亡くなって、その方の世話をしていた親戚の方が葬儀の手配をすることになったけど、亡くなった方の口座は凍結され使えないためやむなく自分で立替えるケースなどもあります。このような場合は、亡くなられる方が、ご自身の葬儀をしてくれるであろう人に事前に葬儀費などを渡しておくなどしておいた方が良いでしょう。

いづれにしても、いつかは分かりませんが必ず来るその時に、残された家族が慌てなくて済むように最低限の準備はしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です