保険見直しのタイミング

先日お客さまから

「新しく生命保険に入りたいけど(保険会社に)断られてしまった。なにかいい方法はないか」

と相談を受けました。そのお客さまは60代のご夫婦だったのですが、ご夫婦ともがんにかかったことがあり、生命保険契約時の告知でひっかかってしまい、ご希望の保険に入れなかったとのことです。

どこの保険会社でもですが、契約時の告知事項に「今までがんにかかったことがありますか?」という項目があり、これが”はい”になってしまうと、基本的には通常の生命保険(死亡保険・医療保険・がん保険など)には入れなくなってしまいます。

全治後一定期間経っていれば入れる場合もありますが、実際がんにかかってから保険会社の言う所の”全治”の状態になることが難しいため(基本的には治っていても、半年や一年に一回の検診を医師に勧められていると、”全治”ではなく”経過観察”とみなされる場合が多い)、通常の生命保険に入ることは極めて困難です。

アフラックから「がんを経験された方のためのがん保険」も販売されていますが、がんに関する一定の告知事項があり、がんにかかったことがあっても誰でも入れる!というものではありません。また、通常のがん保険よりも割高になっているため、払込保険料に対する保障内容のパフォーマンスを考えると、がんに対する経済的な備えとしてはあまり優れているとも言い難いです。

http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

↑は国立がん研究センターによる最新がん統計(更新日:2016年08月02日)ですが、これによると60歳までにがんと診断される確率は約10%。弊社のお客さまでも、60歳前後で今まで入っていた生命保険が満期となり見直される方が多いですが、その時には約10%の方はがん経験者となり、保険に入り直したくても入れないこととなってしまいます。

保険に入る際は、何より先ず「そもそも本当にその保険は必要か?」ということを検討することが大切ですが、本当に必要で入りたいと思ったときに、健康上の理由で入れないというのは、お客さまにとって非常に不利益で残念なことです。

そうならないために、生命保険の見直しはなるべく早め(できれば30~40代、遅くても50代まで)にすることをお勧めします。そうすれば選べる商品の選択肢も多く、掛金も高齢になってから入るよりも安く済むことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です