相続の勉強会


本日は、損害保険代理業協会の勉強会でした。税理士の前川先生を招いて、相続について勉強しました。

相続はFPの資格を取る際にかなり勉強しましたが、やはり本で読むより現場で実際に働いている方のお話の方が断然分かりやすく勉強になります。ありがとうございました!

大丈夫ですか?原付の保険


先日、弊社のお客さまに

「今乗っている原付の保険がもうすぐ切れるんで、満期になったらあんたとこ頼むわ」

と、お声を掛けていただきました。原付の場合、自賠責保険(強制保険)だけで任意保険に入っていない方も多いので、

「今入ってる保険は任意保険ですか?もし自賠責保険だけなら必ず任意保険にも入ったほうがいいですよ」

と確認したところ、

「大丈夫やと思うよ。ちゃんと任意保険入ってるはずやよ」

とのことだったのですが、いざ証券を確認してみると、自賠責保険だけで任意保険には入っていませんでした。

 

このように、自賠責保険と任意保険の違いが分からない方も珍しくはありません。特に原付の場合は車検がないので、自賠責保険にさえ入っていない方もいますし、自賠責保険にさえ入っていれば「ちゃんと保険に入っている」と思ってしまっている方もいます。

しかし、自賠責保険は飽くまで最低限の対人賠償のみの保険です。対物の賠償補償はありませんので、もし自動車などと接触事故を起こした場合、相手の車両などに対する賠償金は全く支払われません。

例え軽い物損事故であったとしても、車両の修理代金は20~30万円くらいはすぐに超えてしまう場合が多いですし、もし代車代まで請求されれば、それだけで10~20万円くらいかかってしまう場合も珍しくありません。

また、対人の賠償補償に関しても、自賠責保険では、死亡による損害:最高3,000万円、傷害による損害:最高120万円までしか補償されません。そして、もし原付で人身事故を起こしてしまった場合、相手の治療費は基本的に自由診療となってしまうので、それほど重症でなくても120万円くらいすぐに超えてしまいます。

そして何より、自賠責保険には示談交渉サービスは付いていないので、もし事故を起こしてしまったら、相手との示談交渉は全てご自身でしなければいけません。

 

以上の理由で、原付に乗られる方は、自賠責保険はもちろん、任意保険も必ず必要な保険であると言えます(示談交渉に自信があり、数千万円~数億円の賠償金の支払い能力のある方なら別ですが)。たまにでも原付に乗られる方は、必ず自賠責保険+任意保険に加入しましょう。

台風一過

台風一過の清々しい青空です。

皆様、先日の台風でご自宅などに被害はございませんでしたでしょうか?建物の火災保険にご加入していれば、台風による損害が保険金支払いの対象となる場合があります。

かなり昔になりますが、弊社のお客様で(火災保険は弊社でご契約いただいていないお客様でしたが)、台風で外構のフェンスが破損した際、外構のフェンスが火災保険の対象に含まれていることを知らずに、保険金を請求しなかったため不払いとなってしまったケースがありました。

どんな保険でもですが、せっかく保険に加入していても、請求しなければ保険金は支払われません。保険金支払いの対象となるか否かはご契約内容によりますので、何か損害があれば取りあえず担当代理店に相談してみましょう。