意外なところに賠償リスク


昨日は3ヶ月ぶりのライブでした。で、ライブが終わって片付けをしている際にちょっとしたアクシデントが。

私が自分のギターを片付けて運んでいる際に、誤ってギターをベース(チェロよりも一つ大きい楽器)にぶつけてしまいました。そのベースは結構な高級車が買えるくらいの高級品だったので、ぶつけた瞬間かなり焦りましたが、幸い傷もなく無事でした。

結果無事だったので良かったですが、もし割ってしまったりしていたら洒落にならんなとゾッとしましたが、「そーいえば最悪弁償沙汰になっても、個人賠償責任保険に入っているから大丈夫やな」と気付いたのでした。

個人賠償責任保険は、日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり、他人の財物を壊して法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合の賠償リスクを補償する保険です(※詳しくは各保険会社の約款参照)

私のように趣味で音楽をやっている場合、楽器によってはアマチュアでも結構高額な楽器を持っている方も珍しくありません。私の場合、個人賠償責任保険は主に、小さなお子様のいる家庭、ご家族に自転車に乗られる方がいる家庭などに勧めますが、これからは趣味で音楽を演奏する方もお勧めします。この保険に入っておけば、万一の際大切な音楽仲間に迷惑かけずに済みます。

代理店賠責セミナー


本日は、損害保険代理業協会のセミナーに参加しました。我々代理店を賠償リスクから守ってくれる「代理店賠責」のセミナーで、役員として微力ながらお手伝いさせていただきました。

医者の不養生ではありませんが、お客様のリスクマネジメントをする前に、先ずは代理店自身のリスクマネジメントができていなくては話になりません。大変勉強になりました。ありがとうございました!