交通事故でケガをしてしまったら


本日は、損害保険代理業協会の勉強会でした。弁護士の小黒先生をお招きし、交通事故における後遺障害について勉強しました。

今回の勉強会で学んだことは、万一ご自身や大切なご家族が交通事故でケガをしてしまい、しかもその治療が長引いてしまいそうな時は、なるべく早い段階で弁護士先生に相談するのがベスト!ということです。

事故から半年以上経ち、相手保険会社と治療費や慰謝料、後遺障害の認定で揉めた後で弁護士先生に相談するより、もっと早い段階で一度相談しておいた方が、相手と有利に交渉する上での選択肢は圧倒的に広がります。

万一ご自身やご家族が交通事故でケガをしてしまった場合は、弊社までお気軽にご相談下さい。必要に応じて、信頼できる弁護士先生をご紹介いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です