本当にぶつからない?ASVの実態


先日、損害保険代理業協会の勉強会にて、最近流行りのASV(先進安全自動車・自動ブレーキや自動運転的な機能の付いた車)について勉強しました。

結論を簡単にまとめますと、
・最新のASVでも「ぶつかりにくい」だけであって、決して「ぶつからない」車ではない。一定の条件以外では普通にぶつかる。
・ASVは最新のセンサーがいたる所に付いているので、ほんの少し擦っただけでも修理代が40~50万円行くことがザラにある。
とのことです。

最新のASVを買うと「うちの車はぶつからないから車両保険は要らない」と、車両保険を外すお客様もいらっしゃいますが、むしろ最新のASVこそ、車両保険にちゃんと入っておいた方がよいでしょう。普通の車なら修理代5~10万円で済んでいたところが、40~50万円になってしまう場合もある訳ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です