個人賠償責任保険


先日、弊社のお客様で実際にあった事故のお話です。

弊社のお客様が駐車場内でご自身の車のドアを開けた際、隣の車にドアをぶつけてしまいました。相手車のドアに軽くぶつけただけだったのですが、相手への賠償金額はいくらになったと思われますでしょうか?





正解は、約70万円。相手車が高級外車(BMW)だったため、修理代が50万円弱。代車も同等のグレードの車を希望されたため、代車代だけでも計20万円を超え、合わせて約70万円となってしまいました。

今回は自動車のドアでの事故でしたが、このような事故は、ショッピングセンターの駐車場内での、カートの移動中でも十分起こり得る事故です。

駐車場内でカートを移動中に、駐車中の車にぶつけてしまった場合でも、上記の事故と同程度の賠償金が発生してしまう可能性は十分にあります。また、その場合は当然自動車保険は使えません。

そのような場合に使えるのが、個人賠償責任保険(日常賠償責任保険)です。個人賠償責任保険は、自転車事故で賠償リスクへの備えとしてもよく紹介されますが、自転車事故に限らず、カートで自動車にぶつけてしまった場合などでも補償の対象となります(※補償内容の詳細については、各保険会社のパンフレット、約款などでご確認下さい)。

ご家族で自転車に乗る方が居る方はもちろん、そうでない方でも個人賠償責任保険(日常賠償責任保険)は必須の保険だと言えます。まだ加入されていない方は、これを機にぜひご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です