”想定外”の災害

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32772080Z00C18A7MM8000/?nf=1

この度の西日本豪雨災害で被災された皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。

ニュースを見ていると、「これまで何十年も大きな災害には遭っていなかった地域が大規模な被害に遭った」という話をよく聞きます。

昨年の台風21号で大規模な水害にあった地域でも、「うちは伊勢湾台風でも大丈夫だったのに、今回の台風ではひどい被害に遭った」という被災者の声が報道されていました。

素人目に見ても、昔に比べてここ数年で台風・地震などの大規模な自然災害の質が明らかに変わってきています。「観測史上初」「想定外」の災害が頻繁に発生しています。

「今まで大丈夫だったから」が通用しない状況になっています。ここ百年氾濫していない川が、今後も氾濫しない保証はどこにもありません。ここ百年一度も土砂崩れしなかった地域が、今後も土砂崩れしない保証はどこにもありません。

火災保険を契約する際は、安易に補償を削らず、極力水災や地震も補償する保険に加入しましょう。ご自身の加入している保険に少しでも不安のある方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

全国地震動予想地図2018年版

全国地震動予測地図2018年版

全国地震動予想地図の最新版(2018年版)が公表されました。このようなデータを元に災害に備えることも非常に大切ですが、

・人類が地震を正確に予測できたことは今まで一度もない。
・日本は地質学的に何処でも大規模地震が起こり得る。

以上の理由で、↑の予測図を見て「うちの地域は色が薄い(発生確率が低い)から安心だ」と思うことは極めて危険です。ここ数十年で発生した大規模地震も、それまでに予測されていた発生確率で言えば比較的低い地域で起こっています。

↑の予測図関係なしに、「いつかは分からないけど、自分の住んでいるところでも大規模地震が起こるかもしれない」という前提で災害に備え、ご自身と大切な方の命を守りましょう!

Apple Pencil!


Apple Pencil 買いました!実際買うまでは必要性を感じませんでしたが、買って使ってみるとめっちゃ便利です。

会議のメモやお客様との商談のメモなど、全てこApple Pencil と iPad で完結するので、今まで持ち歩いていた仕事用ノートとボールペンが不要になりました。少しお高くはありますが、値段分の価値はあると思います。おすすめです!

どっちが多い?

突然ですが、がんで入院している方と、メンタル系の障害で入院している方、どちらが多いかご存知でしょうか?





正解は、
がん(悪性新生物)の入院患者数:12万9千人
メンタル系(精神及び行動の障害)の入院患者数:26万5千人
(出典:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/

メンタル系の障害の入院患者数が、がんの入院患者数の倍以上となっています。

また、平均在院日数で見ても、
がん(悪性新生物)患者の平均在院日数:18.7日
メンタル系(精神及び行動の障害)の平均在院日数:291.9日

と、メンタル系の障害患者の在院日数の方が圧倒的に長いです。ここまで長くなってしまうと、勤務先の会社から解雇されてしまう可能性も高くなってしまいます。

これだけ身近になってしまったメンタル系の障害に対して、皆さん何かしら備えはしていますでしょうか?少しでも不安のある方は、弊社までお気軽にご相談下さい。必ずお客様にとって最良のご提案をいたします。

WEBサイトの使いやすいiDeCoの金融機関

私もよく利用している”イデコナビ”に、こんな特集がアップされてました。

http://www.dcnenkin.jp/valuation/

イデコを始める際に、窓口となる金融機関選びはかなり重要です。「イデコを始めてみたいけど、どの金融機関を選べばいいのか分からない」という方は、ご参考にして下さい。

税務署に筒抜けです

積立保険の満期金を受け取った時、確定申告が必要な場合があることをご存知でしょうか?

「そもそも確定申告が必要かどうかも分からないけど、わざわざ申告しなくてもきっと大丈夫だろう」と思われる方も多いかとは思いますが、満期金が100万円以上、もしくは個人年金の年金額が年20万円以上の場合、保険会社は税務署に支払調書(誰にいくらの保険金を支払ったという報告書)を提出する義務があります。

つまり、上記の条件に該当する契約に関しては、全件漏れなく税務署に筒抜けです。

それ以外でも、今までは申告義務のなかった一定の条件での生命保険契約の名義変更についても、今年から申告義務ができたので気をつけましょうというニュースです。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28414440S8A320C1000000?channel=DF280120166579

ご自身の生命保険やご家族の生命保険で、確定申告義務のある契約があるのか?あるとすればどうすればいいのか?ご不明でお困りの場合は、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

自転車事故のリスク

jihttps://style.nikkei.com/article/DGXMZO29143970Z00C18A4000000?channel=DF081220161416&style=1

自転車事故に関する記事です。ポイントは主に以下の二点。
・自転車事故でも加害者に数千万円の支払いを命じるの高額賠償案件が増えている。
・その場合、自己破産しても支払い義務が消滅しない場合もある。

つまり、自転車事故での賠償責任を補償する保険(個人賠償責任保険、自転車保険など)に入っていないと、手持ちの財産を失うだけでなく、自己破産しても消えない多額の負債を背負う可能性があるということです。

ご自身はもちろん、ご家族で自転車を運転される方がいる場合は必ず個人賠償責任保険(自転車保険でもよいですが、個人賠償責任保険の方が基本的に安価です)に加入しましょう!